IMG_8824EFBD93-e49f3

どうも、二度目のバトンが回って来ました。

「龍馬伝ブログリレー」

初めてバトンを貰った松本さんが、
力んだ余りにバトンを3つにヘシ折り

相良さん、椎名さん、そして僕にバトンを渡すという新展開。

さすがリレーもラストスパート、何が起こるか分かりません。

松本さんの新設ブログ「MATSU散歩」
http://s.ameblo.jp/yukiyoshimatsu/

 

さて、人々が罵り合い、けなし合う事の絶えないこんな世の中に一石を投じた

他人の「良いところ」を惜しむ事なく披露する「褒める」ブログ。

大好評を頂いております。
あのブログを書いた次の日

自らの長所をズバリ言い当てられた相良さんは、
照れているのか目も合わせず

「君とはもう話す事は無いから」と、
うつむき加減におっしゃっていました。

– 何も言わなくても、おまえは全部分かってくれてるんだな –

そんな心の声が、僕の胸には聞こえた気がするのです。

 

他の愛すべき先輩方も、あの日以来
僕への当たりがやたらに強くなりました。

そう、恥ずかしいのです。

照れ隠しのつもりなのです。

人生を否定される事でしか己の生きる意味を見出せなかった人間にとって

僕の言葉はあまりにも受け入れがたいものだったのでしょう。

 

でも僕は思うのです。

人は褒められて成長するべきだと。

 

 

さて、今回は前回紹介しきれなかった

愛すべき後輩たちを褒めちぎっていきたいと思います。

 

まずは宮迫くん(十造 役)。

知る人ぞ知る、二刀流の使い手です。

刀を両手に携えている時の彼の存在感はズバ抜けています。

僕自身も、今年の五月彼が刀を二本持った時初めて

「ああ、彼が宮迫くんか。」と
彼の存在を認識できたほどでした。

もしかすると、今回も彼の二刀使いを
目の当たりにできるかもしれません。

そんな彼の今回の見所は、今回の為に猛特訓した新技。

アクロバットの大技を披露します。

(※大勢の後ろでやる技なので、おそらく見えません。照明も当たらない予定です。)

 

 

そしてお次は、前回ブログバトンを渡すついでにご紹介した
草野くん(信蔵 役)。

 

そうです、前回紹介しました。

 

 

だからもう、いいですよね。

 

 

そして此村くん(近藤勇 役)。

キュートな天パーと、皆から愛される愛嬌を持った彼。

そしてそれとは裏腹に、人を射抜くような強い目と、
牛のようにデカい体の持ち主です。

その体から発されるセリフには

とんでもないエネルギーとパワーが秘められております。

そんな彼のセリフの中でも一番の見所は

「この土方がぁ!人様のもんに手ェつけやがって!」

(※すでに削られたセリフです。劇場ではご覧いただけません。)

 

 
最後は高橋くん(勝小吉 役)。

僕より年下にも関わらず、
並外れた落ち着きと貫禄を持ち合わせております。

「今」だけを生きず
しっかりと己の「未来」を見据えている目。

すでに役者を諦め、
絵描きになる事まで決心しているみたいです。

僕らのような甘えた「永遠の夢追い人」ではないのです。

役どころの多い彼が、今回最も光っている役は

人生を賭けて、この世に二つと無い刀を打ち上げる
一人の刀鍛冶。

彼の職人魂を、とくと目に焼き付けてください。

(※先日の稽古で、この役は草野くんに変更になりました。お楽しみにしていたお客様には、深くお詫び申し上げます。)

 

そしてそんな彼が、松本さんが粉々に砕いた
僕ら三人のバトンをつなぎ合わせます。

きっと彼がいかに悩み、絵描きの夢を決心したのかが綴られる事でしょう。

お楽しみに!

「高橋邦春のブログ」
http://ameblo.jp/kunikuni-ninniku/